療養型医療施設 福角病院(ふくずみびょういん)のご案内

院長のご挨拶

「親をこの病院に入院させたい」と言われるように努力しています。

 医療法人慈孝会福角病院は、急性期の治療は終了したが、なお入院治療が必要な方や、いろいろな事情により自宅での療養が困難な方のために、医療、看護、介護、リハビリを提供します。
 スタッフは、高齢者の方への尊敬といたわりの心を持ち、生きがいのある療養生活が送れるようにチームで支えます。
 急性期病院と密接に連携し、病状の急変に対応します。
 そして、地域の保健・医療・福祉サービス機関、法人内の関連施設と密接な連携を持ち、家庭復帰がスムースに行われるように支援します。 福角病院 院長 大森 克介 

病院概要・医師紹介

-回復期リハビリテーションの充実-

 福角病院は、昭和58(1983)年4月1日、特例許可老人病院(病床数100床)としてスタートいたしました。
 平成19(2007)年、回復期リハビリテーション病棟(23床)を開設。平成27(2015)年1月、病院と老人保健施設の一体型の新建屋が完成し、平成28(2016)年12月からは回復期リハビリテーション病棟を57床、医療療養病床57床の合計114床としております。
 福角病院の常勤医師は、現在、理事長の梶原眞人、院長の大森克介、副院長の角南典生、奥田文悟の合計4人です。
 理事長の梶原は平成24年春、県立中央病院長を退任後、福角病院に入り、医療療養病棟の主治医として、また法人内の事業所への訪問診療に当り、法人全体の統括を担っています。
 院長の大森は、松山市民病院副院長を退任した後、平成24年春、福角病院の院長に就任。専門は消化器外科であり、現在も上部下部消化管の内視鏡検査、胃瘻造設などを積極的に行い、臨床の第一線で活躍しています。
 副院長の角南は、松山市民病院脳神経外科部長として長く勤務した経験豊かな脳神経外科専門医であり、平成29(2017)年1月当院の副院長に就任。回復期リハビリテーション病棟の担当として、脳卒中などの患者さんの主治医として大活躍しています。南海放送ラジオの医療トーク番組にも長く出演し、分かりやすく患者さんやご家族にお話をされるので大変喜ばれています。
 同じく副院長の奥田は、愛媛県の神経内科医の草分け的な存在で、平成29(2017)年春、県立中央病院副院長を退任後、当院の副院長に就任。神経内科専門医であり、脳卒中や難病を専門とし、こちらも回復期リハビリテーション病棟の担当として大活躍しています。
 広いリハビリ訓練室からは堀江の町が見渡せ、桜などの木々に囲まれた敷地内の病院周囲の散歩道を訓練士と歩く患者さんの姿が当院の日常の風景となっています。

◇医師紹介詳細はこちら

医療について

回復期リハビリテーション病棟(57床)

脳血管疾患または大腿骨頸部骨折などの急性期治療終了後の患者様に対して、日常の生活や動作に必要な能力(ADL)の向上と生活全般の活性化を目的としたリハビリテーションを集中的に行う病棟です。医師・看護師・介護福祉士・理学療法士・作業療法士・言語聴覚療法士・管理栄養士・社会福祉士などが一体となり、患者様各々に合ったリハビリテーションを365日提供します。また、医療・福祉サービス等を提供している機関との連携を行い、自宅復帰を支援しています。

医療療養病棟(57床)

急性期病院での治療終了後、自宅・施設での生活を送るためには、もう暫く医学的管理が必要な方の療養生活を支援していきます。個々に適した看護・介護計画を作成し、医療・ケアを提供していきます。また、病気によっては機能・能力の維持向上を目指したリハビリテーションを提供いたします。家庭復帰が難しい場合でも、住み慣れた地域で生活できるよう、近隣の医療機関、福祉機関と連携を図っていきます。当グループは、老人保健施設・特別養護老人ホーム・グループホーム・小規模多機能施設・デイケア・デイサービス・訪問看護・訪問介護・居宅介護支援事業所・地域包括支援センター等、様々な関連施設や事業所を運営しています。退院後の患者様のご希望に沿えるよう、グループ内における連携にも力を入れています。

◇外来

住み慣れた地域で生活できるように、利用者お一人おひとりの心身の状態を観察し、医学的立場から支援していきます。胃カメラ・大腸ファイバーを導入しています。ご利用の際は当院外来を受診し、ご相談の上となります。

◇その他

レクレーションを年に数回開催し、季節感を感じていただいております。

ご利用について

診療科目
外来案内
  • ◇ 診療時間(平日のみ)
  • 午前9:00~12:00 午後13:00~16:30
  • ◇外来診察
    曜日 担当医師 曜日 担当医師
    大森 克介 角南 典生
    大森 克介 大森 克介
    角南 典生
    ※医師が往診に出る時もありますので、診察に来られる方は事前にご連絡ください。
入院案内
  • ◇ 入院をご希望の方は、入院相談を行い医師が入院治療・リハビリの必要を認めた後、入院となります。
  • ◇ かかりつけ医のいる方または入院中の方はできる限り紹介状を ご持参下さい。
  • ◇病棟案内
    病棟 病棟種 病床数
    4階 医療療養 57床
    3階 回復期リハビリ 57床
面会時間
  • ◇ 午前6時半~午後9時
所在地
  • ◇ 住所:〒799-2652 松山市福角町乙69番地1
外来入院に関する
お問い合せ
  • ◇ 電話:089-979-5561
  • ◇ FAX:089-979-5565
  • ◇ e-mail:s.simizu@fukuzumi-hp.jp
  • 利用料や利用方法について、わからないことや、ご心配なことが ありましたら お気軽にご連絡下さい。
無料定期バス
  • ◇ 病院無料定期バスを下記の通り運行しております。
  • ◇院用バス時刻表
    病院発 9:30 13:30 16:10
    JR堀江駅発 9:40 13:40 16:20
  • ※第2・3・4・5土曜日、日曜日、祝祭日は運行していません。

▲ページトップへ